本物を見極める!良質のアルガンオイルの選び方!

0276-200-01.jpg
10年前、母親の同僚にすすめられて
はじめてアルガンオイルを使用しました。

アルガンオイルの第一印象は
ナッツのような匂いとさらっと感。
偶然 ”本物の”アルガンオイルに
出会ったのです。

10年以上たった今、不思議なご縁で
アルガンオイルのバイヤーの仕事
をしています。

そこで知ったことが 市場には
粗悪品が溢れていること。

海外でしか手に入らなかったアルガンオイル。
初めてドラッグストアでアルガンオイルを
見つけたとき、すごくテンション上がりました。
しかしテスターを一滴手の甲に落とした瞬間
愕然としました。
”科学の香り”がするのです。
そして浸透力が非常に弱く、べたべた。

今のバイヤーの仕事をやっていくうえで
本物のアルガンオイルを選ぶポイントを習得しました。

成分が云々の難しい話をすればキリがないのですが、
今回は”これだけ押さえておけば安心”という
簡単な2つの条件だけ紹介いたします。
1.抽出方法
  ”低温圧搾" や "冷却圧搾” のものを選ぶ。
  ネットショップでも商品ページに記載あり。
  ここで大事なのは、オイルを抽出するときに
  加熱されていないことです。
  高熱でアルガンの種を圧搾すると
  より速く大量にオイルを抽出することができますが、
  熱で栄養価が失われてしまいます。  
2.エコサート認証を取得しているもの
  "オーガニック"を謳う化粧品は増えていますが、
  日本には現在オーガニックの基準がありません。
  そのため、海外のオーガニック認証を取得している
  化粧品があり、専門家の間でも支持されています。
  例えば「エコサート」。
  フランスのオーガニック認証機関ですが、
  ここの認証を取得するには製造工程表を提出し、
  無添加であることはもちろん、土壌や工場、
  保管環境までも審査されます。

この二つを基準に商品を選べば間違いないでしょう。
例えばマンデイムーンのアルガンオイルは
上記を満たしています。
その上、新鮮な商品の提供のため、
自社での余計な在庫をしないということを
徹底しており、安心できる商品と言えます。
 
興味がある方はコチラ↓
アルガンオイル・オーガニック/200ml【100% 無添加 植物性 年齢肌 肌荒れ 保湿 100% オーガニック フェイス ボディ スキンケア 乾燥肌○】


この記事へのコメント